ATSUSHI、EXILE卒業でソロ専念へ「人生のすべてでした」 hiro&takahiroコメント全文・対談
人それぞれなので良いと思う。正直遅かったぐらいじゃないかな。少なからず影響は受けた。

EXILE ATSUSHI(40)が、11月2日をもってグループとしてのEXILEの活動を卒業し、ソロ活動に専念することが明らかとなった。「Your eye’s only~曖昧な僕の輪郭~」(2001年9月27日)でデビュー以来、EXILE ATSUSHIとして約200曲を歌い、11枚のオリジナルアルバム制作、15回のライブツアー開催など、不動のヴォーカリストとして牽引。来年のデビュー20周年を前に、40歳の節目に大きな決断を下した。

2020年は、新型コロナウイルスの影響もあり、多くのアーティストにとって変化を迫られる年となった。ATSUSHIも本格的な海外活動として、ブルーノ・マーズらの音楽プロデュースチーム「1500 or Nothin’」とアルバム制作の契約を交わし、着々と準備を進めていたが、ストップを余儀なくされた。

従来通りのパフォーマンスができず、自身が40代に突入したことも重なり「自分の人生の時間は有限であることを痛感させられ、アーティストとしてもそうですが、一人の人間として、40歳以降の今後の自分の人生について、どう生きていくべきかを考えるようになりました」と決断。一人の歌手として原点に戻り、再び音楽と向き合う決意が固まり「このたびEXILEという僕のすべてを育ててくれたグループでの活動に一区切りをつけ、卒業しソロ活動に専念する決意をいたしました」と報告した。

「僕にとってのEXILEは、21歳でデビューした時からずっと人生のすべて」と語るATSUSHI。「毎年年末になれば、EXILEと共に年を越し、EXILEと共に春を迎え、EXILEと共に夏を過ごし、EXILEと共に秋を過ぎ、そしてまた、EXILEと共に冬を越してきました」とグループへの愛着を明かし、約20年の活動を「無謀とも言えるようなスケジュールを全速力で突っ走ってきたように思います」と振り返る。

新たなステージへの挑戦を決意し、「40歳というのは、歌手として挑戦できる最後のタイミング」と位置づける。「80歳まで健康でいられたとしても、60歳まで毎年ツアーができたとしてもあと20回できるかどうか。もし本当にそうであるのならば、これからの歌手生活、歌手人生において悔いのない20回のツアーをやり遂げたいと思っています」と、さらなる活躍を誓った。

これまで、ダンス&ボーカルグループとしてのEXILEからは、2013年にEXILE HIRO、2015年に松本利夫、EXILE MAKIDAI、EXILE USAが卒業したが、現在もEXILEとして活動を続けている。ATSUSHIもソロアーティストとして、一人のEXILEとして、EXILEを背負い、新たなEXILEの在り方を表現していくため、国内はもちろん、海外での活動にもより力を入れていく。

これまでも形を変え、進化を続けてきたEXILEは、EXILE AKIRA、EXILE TAKAHIRO、橘ケンチ、黒木啓司、EXILE TETSUYA、EXILE NESMITH、EXILE SHOKICHI、EXILE NAOTO、小林直己、岩田剛典、白濱亜嵐、関口メンディー、世界、佐藤大樹の14人新体制で再始動を果たす。卒業したメンバーたちの想いを受け継いでいくという決意とともに、新たなEXILEを表現しようと、心を一つに強く結束を固めている。

EXILE ATSUSHIが参加するラストシングル「SUNSHINE」は、あす3日0時より配信開始され、12月16日にCDとしてリリース。今月4日には、4枚目となるオリジナルアルバム『40 ~forty~』が発売される。

■EXILE ATSUSHIのコメント全文

いつもEXILEを応援してくださっている多くのファンの皆様へ

いつもEXILEをあたたかく応援していただきありがとうございます。今日は皆さんに僕からの大切なお知らせがありますので、ご一読いただければ幸いです。

2001年に21歳でJ Soul Brothersに加入し、2001年9月27日EXILEとしてデビューしてから約20年、今年、僕自身は40歳になり、EXILEは来年20周年を迎えようとしています。

そんな中、新型コロナウイルスにより世界中が経験したことのない社会状況になり、改めて自分の人生を振り返る時間にもなりました。同時に、自分の人生の時間は有限であることを痛感させられ、アーティストとしてもそうですが、一人の人間として、40歳以降の今後の自分の人生について、どう生きていくべきかを考えるようになりました。

これからの生き方に真剣に向き合って考えた結果、2020年、40歳という節目の年に、一人の歌手として原点に戻り音楽と向き合う活動を新たにスタートするという決意が固まり、このたびEXILEという僕のすべてを育ててくれたグループでの活動に一区切りをつけ、卒業しソロ活動に専念する決意をいたしました。

なぜ、このような決断をすることになったかの細かい心模様の変化や、心境に関しては11月12日に出版させていただく書籍『サイン』に想いの全てを書かせていただきましたので、ここでは割愛させていただきたいと思います。

今回、僕が抜けることでEXILEの形はまた新しく変わることになります。形を変え、進化していくこと。これは自分たちが決めたEXILEのあり方であると共に、EXILEの宿命でもあります。

ダンス&ボーカルグループとしてのEXILEでのパフォーマンスは、これからは14人のメンバーが中心となって「EXILE」を表現していくことになりますが、今でもHIROさんも、MATSUさん、USAさん 、MAKIDAIさんも、EXILEであり続け、19人のEXILE一人ひとりがそれぞれ、別の場所で、別の方法でEXILEを背負い、EXILEのあり方を表現しています。こういう存在の仕方が今までのアーティストの形にはない、”EXILE”というあり方なのだと思います。

僕にとってのEXILEは、21歳でデビューした時からずっと人生のすべてでした。毎年年末になれば、EXILEと共に年を越し、EXILEと共に春を迎え、EXILEと共に夏を過ごし、EXILEと共に秋を過ぎ、そしてまた、EXILEと共に冬を越してきました。

この約20年間の活動の中で、気づけばこれまでにグループだけでも約200曲もの楽曲を歌い、11枚のオリジナルアルバムを出し、15回のツアーを開催して、そこにソロの楽曲115曲、ソロツアー3回という、無謀とも言えるようなスケジュールを全速力で突っ走ってきたように思います。

それもこれも全ては、応援してくださるファンの皆さんがいてくださったからこそ、乗り越えることができたことです。本当に今でも心から感謝しています。

本当にありがとうございます。

今後も必要な時は、僕も作詞や作曲、楽曲の方向性など、いつでもHIROさんやメンバーと話し合いながらEXILEの楽曲を一緒に作り上げることに協力したいと思っていますし、これからも誇りを持ってEXILEのメンバーの一人として生き続けていきたいと思っています。

次のステージへと進化するために、40歳というのは、歌手として挑戦できる最後のタイミングではないかと感じています。あと何回ツアーができるのか、あと何曲の歌を世に送り出すことができるのか。80歳まで健康でいられたとしても、60歳まで毎年ツアーができたとしてもあと20回できるかどうか。もし本当にそうであるのならば、これからの歌手生活、歌手人生において悔いのない20回のツアーをやり遂げたいと思っています。

そしてすでにブルーノ・マーズなどを手がける音楽プロデュースチーム「1500 or Nothin’」ともアルバム制作を契約し、海外での活動の準備をしていましたが、一度この新型コロナウイルスによってプロジェクトがストップしていました。しかし、今また少しずつ動きを再開させています。今後の海外での活動を本格化させるのも、いろいろなことを学びながら吸収し、成長していくことも、これからもずっと続けていくことではありますが、大きく羽ばたく時はこのタイミングしかないと感じました。

40歳からの新たな挑戦を機に、長年心の中で想っていた夢や、人としての生き方、個人としての活動などを通して、自分自身の人生をさらに一歩前に進めたいと感じています。きっと今後のソロでの音楽活動や、慈善活動など僕の活動をご覧いただくことで、少しずつですがその意味など、ご理解いただけるのではないかと思っています。

20年間の経験や学びはアーティストとしてだけでなく、社会というものを少しだけ理解しはじめたり、自分が生きるこの世界の仕組みを学ぶことになりました。だからこそ、ここからが、僕の本当の人生のはじまりだと、今は本気でそう思っています。

歌という僕の祈りが1人でも誰かのためになれることを願って歌い続けたいと思いますので、これからのEXILE、EXILE ATSUSHIをあたたかく見守っていただけたら、嬉しく思います。

2020年11月2日
EXILE ATSUSHI

EXILE ATSUSHI(40)が、11月2日をもってグループとしてのEXILEの活動を卒業し、ソロ活動に専念することがわかった。「Your eye’s only~曖昧な僕の輪郭~」(2001年9月27日)でデビュー以来、EXILE ATSUSHIとして約200曲を歌い、11枚のオリジナルアルバム制作、15回のライブツアー開催など、不動のボーカルとしてけん引してきたが、来年のデビュー20周年を前に、40歳の節目に大きな決断。EXILEのリーダー・HIRO(51)は、ATSUSHIこれからの歩みに力強くエールを送った。

HIROは「デビュー当時から苦楽をともにしてきたATSUSHIが、新たな夢に向かってスタートする事は、一言では言い表せない感慨深いものがありますが、僕自身も7年前にグループを卒業し、EXILE HIROとしてEXILEの在り方を追求してきたように、ATSUSHIもこれからはグループとしてではなく、ソロ活動を通してEXILEを背負い、EXILEを表現していくのだと思います」と期待。

続けて「ファンの皆さんには少しさみしい思いをさせてしまいますが、皆さんが大好きなEXILEは、さまざまなエンタテインメントや作品を通して永遠に残り続け、新しい世代にも継承され、ATSUSHI自身もソロとしてEXILEを表現し続けることで、さまざまな形でこれからの未来へとつながっていくと感じています」と宣言。「今の時点では時期尚早かもしれませんが、EXILE ATSUSHIと新生EXILEとのコラボも近い将来必ず見ることができると思いますので、これからもメンバー一人ひとりのEXILE道を温かく見守っていただきたいと思います」と呼びかけた。

これまで、ダンス&ボーカルグループとしてのEXILEからは、2013年にEXILE HIRO、2015年に松本利夫、EXILE MAKIDAI、EXILE USAが卒業したが、現在もEXILEとして活動を続けている。ATSUSHIもソロアーティストとして、一人のEXILEとして、EXILEを背負い、新たなEXILEの在り方を表現していくため、国内はもちろん、海外での活動にもより力を入れていく。

これまでも形を変え、進化を続けてきたEXILEは、EXILE AKIRA、EXILE TAKAHIRO、橘ケンチ、黒木啓司、EXILE TETSUYA、EXILE NESMITH、EXILE SHOKICHI、EXILE NAOTO、小林直己、岩田剛典、白濱亜嵐、関口メンディー、世界、佐藤大樹の14人新体制で再始動を果たす。

■EXILE HIROコメント全文

先程ATSUSHIから発表がありましたが、EXILE ATSUSHIはグループとしてのEXILEを卒業し、EXILE ATSUSHIとしてソロ活動に専念する事となりました。

デビュー当時から苦楽をともにしてきたATSUSHIが新たな夢に向かってスタートする事は、一言では言い表せない感慨深いものがありますが、僕自身も7年前にグループを卒業し、EXILE HIROとしてEXILEの在り方を追求してきたように、ATSUSHIもこれからはグループとしてではなく、ソロ活動を通してEXILEを背負い、EXILEを表現していくのだと思います。

ファンの皆さんには少しさみしい思いをさせてしまいますが、皆さんが大好きなEXILEはさまざまなエンタテインメントや作品を通して永遠に残り続け、新しい世代にも継承され、ATSUSHI自身もソロとしてEXILEを表現し続けることで、さまざまな形でこれからの未来へとつながっていくと感じています。

40歳を迎え、新たな夢への挑戦としてLAの音楽プロデュースチーム「1500 or Nothin’」ともアルバム制作の契約をし、海外での活動にも本格的に挑戦しようとしているATSUSHIを僕も応援していきたいと思いますし、ソロアーティストとしてのEXILE ATSUSHIの活動にとても期待しています。

また、今の時点では時期尚早かもしれませんが、EXILE ATSUSHIと新生EXILEとのコラボも近い将来必ず見ることができると思いますので、これからもメンバーひとりひとりのEXILE道を温かく見守っていただきたいと思います。

そして、グループとしてのEXILEもすでに14人のグループとして動き出しています。新生EXILEの迫力あるパフォーマンスを楽しみにしていただきたいですし、年末から来年に向けて積極的に活動していくと思いますので、ぜひ期待していてください。

これからもLDHチーム一丸となり、コロナに負けず、ファンの皆さんに必ず喜んでいただけるさまざまなエンタテインメントをお届けしていきたいと考えていますので、応援のほどよろしくお願い致します。

EXILE ATSUSHI(40)が、11月2日をもってグループとしてのEXILEの活動を卒業し、ソロ活動に専念することが明らかとなった。2001年のデビュー以来、不動のヴォーカリストとしてグループを牽引してきたが、40歳の節目に決意。兄貴分であり、2013年にグループを勇退したEXILE HIRO(51)とともに、対談インタビュー形式で現在の心境、決断に至るまでの経緯を語った。

【写真】10年ぶりの丸刈り頭を披露したEXILE ATSUSHI 金髪姿も

■以下、対談インタビューの主なコメント

――今回、ATSUSHIさんは大きな決断をされましたが、心境はいかがですか?

EXILE ATSUSHI(以下:ATSUSHI)
HIROさんが2013年に勇退されてから、2015年にはまっちゃん(松本利夫)、うっさん(EXILE USA)、マキさん(EXILE MAKIDAI)が勇退されて、今回自分も同じような形をとらせていただくと言いますか。今後もEXILE、そしてLDHのメンバーであるということは変わらず、EXILE ATSUSHIとして活動は続けていきますが、グループでのパフォーマンスという意味では一度退き、卒業という形をとらせていただくことになりました。

グループでの活動と並行してソロ活動をさせていただいていたときはファンの皆さんへの感謝の気持ちはもちろん、HIROさんやメンバー、会社へのリスペクトの気持ちをもちながらやってきました。しかし多くのアーティストが感じていることと思いますが、コロナの影響で活動を制限されて、思うようなクリエーションができなくなりました。一人で考える時間が増えたことで自分の人生を振り返り、アーティストである前に一人の人間として力の限界みたいなものを感じました。

40歳という節目を迎えて今後どう生きていこうかと真剣に考え、自分自身と向き合った結果、HIROさんと話し合いをさせていただくなかで、今回このような決断をさせていただきました。

EXILE HIRO(以下:HIRO)
自分としては、「20年間、本当にお疲れさまです」という気持ちと、改めてこれからもよろしくお願いしますという気持ちです。ATSUSHIとは、いろいろなことを共に乗り越えてきましたし、日頃からコミュニケーションをとっているので、ATSUSHIから話がしたいと聞いたときにはそういうこと(卒業)だろうとすぐにわかりました。

ファンの皆さんはもちろん、ATSUSHIに対して、EXILEに対してたくさんの思い出のある方は寂しく感じることと思います。しかし、グループの卒業は自分も経験していますが、今回の決断は、ATSUSHIにとってのEXILEの背負い方が変わるということであり、新たな夢に向かってこれからもEXILE ATSUSHIとして「EXILE道」を極めていくということには変わりはありません。

そして、これがEXILEの在り方であり、ATSUSHI含めて僕も他のメンバーも今後のEXILEにとってプラスになると思っています。僕としては、これからもATSUSHIと共に歩んでいきたいですし、もちろん同じ夢に向かって頑張っていきたいと思っています。まっちゃん、うっさん、MAKIDAIが、ATSUSHIのライブでパフォーマンスをしたように、時がくればATSUSHIもまた、現EXILEメンバーとパフォーマンスをすることもあるでしょうし、いろいろな可能性がEXILEのエンタテインメントには必ずある…。それがEXILEの在り方だと思いますので、ファンの皆さん応援してくれている皆さんには、前に進むための決断だと捉えていただけたらうれしいです。

ATSUSHI
HIROさんがおっしゃる通り、皆さんが尊敬する先輩であり、大好きな仲間であることに変わりがない以上、また一緒にパフォーマンスをさせていただく可能性も残されていると思います。ただ自分的には20年間の活動でできなかったことを含めて、個人的な夢を実現させるには、40代が挑戦できる最後の年齢なのかなということも含めて、一歩前に進むために決意しました。

HIRO
ATSUSHIから「40代」、「最後」という言葉を聞いたときに一番腑に落ちたというか、「そうだよね」と心の底から思いました。「40代」「最後」未来をイメージした時に今の勢いのまま新しいことに挑戦できる。言い方は悪いですが、ATSUSHIの夢に対してチャンスをものにできる最後のタイミングなのかなと…。自分が50代になって、今改めて40代を振り返ると同じように感じますし、これがすごく良い決断だったと、後々振り返ったときに感じることができるんだろうなと…。

ただ、一つだけ残念なのが、コロナ禍の影響で今回の卒業をファンの皆さんと一緒にお祝いできなかったことです。突然卒業を発表しているようにも思われるかもしれませんが、ライブを含めてさまざまなエンタテインメントを用意する計画もありました。

しかし、今の状況下ではATSUSHI自身、なかなか新たなスタートも切れませんし、今回ばかりは自分たちだけでなく、世界中が直面している、どうすることもできない問題なので、ファンの皆さんへのごあいさつとしては少し寂しくなってしまったようにも思います。その分ATSUSHIはもちろん、自分たちの思いは、今後パフォーマンスでお見せしたいと思います。

――人のアーティストとして活動するEXILE ATSUHIが描く、今後のビジョンとは。

ATSUSHI
今までは若さと気合を武器に、かなりハードなスケジュールで活動をしてきたので、自然に触れたり、人と交流をして温かみを感じたりしながら、ゆっくりしながら今後のことを考えたいです。今は次のステージに進むための環境作りが、自分にとって必要な時間だと思っています。

今は年齢的に折り返し地点と言いますか、単純に計算をして、60歳までツアーをやれたとしてもあと20回しかできません。そう考えると、その20回をどんな内容にするのかということも計画性を持って活動していきたいです。

また、このコロナ禍の影響で話が途中でストップしていますが、海外進出の話もあるので、それも進めていきたいです。あと歌手としての50歳、今から10年後、自分の中でひとつ夢があって、それはピアノ一本で2時間のステージを成立させることです。「Choo Choo TRAIN」でも「ki.mi.ni.mu.chu」でも、ピアノ一本で全国のホールやアリーナなど、どこでもいいので披露させていただける場所で、お客さんと僕とピアノだけの空間でライブを作りたいです。そのための準備も必要ですし、50代以降の自分の人生を考えたとき、今のこのタイミングがベストな選択だったと思います。

HIRO
今ATSUSHIが言ったように、心身ともにリラックスした状態で世界のマーケットに挑戦するATSUSHIを見たいです。ATSUSHI個人のプロジェクトとしてしっかりと設計をしながら、スケジュールなどがニュートラルな状態で組み立てていけると思うので、すごく楽しみです。今後さらにパワーアップしたATSUSHIのパフォーマンスを見たいですし、EXILEのメンバーも、そしてLDHとしても期待しています。

――これから一人のアーティストとして活動するEXILE ATSUHI、そしてEXILEという屋台骨を牽引していくEXILE HIROが描く、EXILEへの思い。

HIRO
ATSUSHIの卒業の話を受けて、EXILE14人で音楽性や全体のイメージ、エンタテインメントの方向性を考え、すでに動いています。次の新しい楽曲はATSUSHIがいない 14人ならではのエンタテインメントになってきていますし、そういう新たな動きは、ATSUSHIも望んでいたことだと思います。

新しいEXILEもすでに生まれ変わり始めています。また、ATSUSHI自身も今後、過去のEXILEの楽曲を歌い続けていくと思いますし、新しいアプローチもあると思うのでEXILEの演目の幅はどんどん広がっていると楽しみにしています。今までのEXILEの卒業の歴史を振り返ると、今回のATSUSHIの勇退で、今後より一層、いろいろなEXILEを見られるようになると強く確信しています。

ATSUSHI
僕が抜けた後の14人のEXILEのMVも少し観ましたが、14人らしいカッコ良さが出たものになっていました。EXILEは、日本の音楽業界の中では一生懸命全速力で走ってきたグループですし、EXILEらしさを構築してきたと思いますが、そういう意味では、今回のMVでしっかりと新たなEXILEらしさを感じることができました。

HIRO
EXILEは人ありきというか、集まった表現者たちによって新たなEXILEが創られていきました。その中でもATSUSHIの存在はすごく大きかったです。だからこそ今回、卒業することで、全く違うEXILEが表現できるということはあります。ATSUSHIが観たMVは編集の途中ですが、それを観て安心してくれたのかなというのはすごく感じました。

今まで継承してきたEXILEを、これからはAKIRAとTAKAHIROが先頭に立って引っ張っていきます。二人を中心に各メンバーが燃えていますが、すごく楽しみですし、誇らしくも思いました。僕らはよく「EXILE魂」という言葉を口にします。これは僕たちが大事にしている想いや信念の総称で、活動をする上での大事な指針になっています。僕らもATSUSHIも14人のEXILEも同じ「EXILE魂」を持つ人間ですので、活動形態は変わっても思いは同じです。

今後はお互いに、どんな新しいEXILEを表現するのか、またどう「EXILE道」を極めていくのか、これからもチーム一丸となり頑張っていきますので、今後ともよろしくお願い致します。

いつも応援ありがとうございます。

この度、
ATSUSHIさんのグループ活動からの卒業が発表されました。

突然の発表になってしまい
申し訳ありません。

約14年、
数えきれないほどの思い出と、
何にも変え難い経験をさせていただきました。

いつも、隣で声を重ねるたびに
心で会話をしていたような気がしています。

いつまでも頼りない後輩で、
相応しい相方になりきれず、
申し訳がたたないままですが、
言葉では伝えきれないほど感謝の気持ちで溢れています。

ATSUSHIさんからも、
「これで終わりじゃない」と、
ありがたいお言葉をいただき、
二人で熱い約束を交わさせていただきました。

ATSUSHIさんのこれからの明るい未来を
誰よりも強く願いながら、
必ずまた隣で歌える日を夢みて、
精進いたします。

これからも、
EXILE ATSUSHI
そしてEXILEを見守っていただけると幸いです。
応援のほど、よろしくお願いいたします。

アフィリエイトで稼ぎたい方必見

おすすめの記事