【衝撃】格闘技団体RIZINライジン 王者ムサエフに未払い発覚

有名日本人選手や、メイウェザーなどにはしこたま払っているくせに知名度のない王者にはこの対応、最悪ですね。

命がけで戦う人に対価の未払いは絶対に駄目だよ。金がないならやらなければいい。

最悪だなPRIDEの時から榊原信行さんには良い印象がない。

ムサエフの投稿

これはムサエフ自身が1news.azで発表したものである。

少し前までは経験豊富なファイターがRIZINに残ることを望んでいたが、日本の組織はすぐにムサエフに新たな契約を申し入れた。

しかし、この問題には金銭的な瞬間が介入してきた。 RIZINは2019年のファイターへの約束を果たせなかった。 トフィグ・ムサエフは、グランプリを受賞したことによる賞金総額からの報奨金をまだ受け取っていないという。 日本人は義務を放棄しないが、組織の王者に対する態度は言うまでもなく軽蔑以外の何物でもない。 ムサエフがグランプリを受賞してから半年が経ちました。

“(ピットブルとの試合について)この勝利は歴史に残り、永遠に私の記憶に残ることでしょう。 特に日本の一般の方の注目度を思い出しました。 彼らの愛情と愛を勝ち取ることができてよかったです。

しかし、グランプリを受賞してもまだ団体から報酬が支払われていないので、辞めることにしました。 そして、もう半年が経ちました。

ムサエフのコーチ – ルスラン – 戦いの後 ムサエフが 陰性であることが判明したドーピング テストを取ったし、彼は賞金から料金を支払わなければならなかったと述べた。 “ファイト “の参加費を受け取ったが、残りの賞品は行方不明のまま。試合の2ヶ月後にやるべきだった。

3戦分の新規契約書を送ってきてくれました。 彼は私たちを嵌めて、私たちは口頭で同意しました。 でも、賞金が出るまでは契約しないことにしました。 条件まで作ってしまいました。 書面で回答してくれて、謝罪してくれて、義務を放棄しているわけではないと言ってくれました。 しかし、ご覧のように今日まで質問が続きました。 だから、もうこのリーグではプレーしないことにしました。 彼らのチャンピオンへの態度に傷ついた」と語った。

トフィグ・ムサエフ氏は、現時点ではコーチングスタッフとともに、他の組織からの提案を考えているという。

“すでにUFC、Bellator、ONE FCから提案があります。 今のところは、彼らのことを考えています。 一番自分たちに合ったオファーをお受けします」とのこと。

ルスラン・エフェンディエフ氏は、これらの組織とは以前から交渉していたと指摘している。

“RIZINを決める前から、UFC、ベラトール、ONE FCとは条件を検討したいということで並行して交渉を始めました。 これらの団体はすべてトフィグに興味を持っています。 まだまだ急ぎたくない。 いずれにしても、我々の国境は閉鎖されている。 契約しても試合には飛べない。

ムサエフ自身はUFCで話をしたいと言っていますが、個人的には条件の良い団体を選ぶべきだと思っています。 ムサエフがUFCでアゼルバイジャンの初代代表になることが重要だ。 そう、名声です。 しかし、私は彼に、提案された財政状況を考えてみるようにアドバイスしています。

ムサエフはRIZINの王者。 アゼルバイジャンでは認知度の高い選手です。 しかし、彼の名声は、スポーツ関係者や一般的なスポンサーからの激励にはつながっていない。 MMAは商業スポーツです。 そして、格闘家は稼ぐことだけを考えればいい。 今のムサエフはピークを迎えています。 あと5年は高いレベルで戦えると思います。

誰もがUFCの話をするが、1試合の参加費12000ドルを提示していることを知っている人はどれだけいるだろうか。 勝てばさらに12,000ドルだ そう、ノックアウトや壮絶な戦いにはボーナスがあります。 しかし、それに比べて、RIZINはその3倍のお金を払っています。 ONE FCはさらに良い契約を提示しています。

UFCにとってMMAはビジネスだ。 言われているように、ラインが整っています。 同団体には、各重量級に多くの選手が所属している。 そして、そこに行きたいと思っている人はたくさんいます。 だからこそ、彼らはスポーツ選手をあまり大切にしていないのです。 これは私の個人的な意見です。 そして、これはムサエフがRIZINのチャンピオンであり、世界ランキングでは12位という事実にもかかわらずです。 さらに、ムサエフは非常にスペクタクルなファイターであり、実質的には全勝をノックアウトで勝ち取っている。 すでに14連勝中で、そのうち12勝はKO勝ちだ。

トフィグがUFCと契約すれば、アゼルバイジャンでのイベントとなる。 しかし、しばらくするとそれが当たり前になってきます。 正しく理解してもらいたい。 贅沢な生活をするために財政は必要ありません。 オリオンファイトクラブは、トフィグ・ムサエフとヴーガー・ケラモフをスポンサーとしています。 そのおかげで、彼らをキャリアを通してきちんと導くことができました。 そして今、彼らは世界をリードする組織でパフォーマンスを発揮する準備ができています。 そして今日、我々にはそのような有望な選手がいるが、そのようなトーナメントのために彼らを準備するためのお金が必要だ」と彼は言った。

ムサエフの投稿 翻訳

トフィック・ムサエフのプロフィール

来歴
12歳の時に空手を始め[2]、2013年、23歳でプロ総合格闘技デビュー。

RIZIN
2018年12月31日、RIZIN初参戦となったRIZIN.14で大尊伸光と対戦し、パウンドでTKO勝ち。

2019年6月2日、RIZIN.16でダロン・クルックシャンクと対戦し、3-0の判定勝ち。

2019年10月12日、RIZIN.19のライト級トーナメント1回戦でダミアン・ブラウンと対戦し、左ハイキックを効かせた後、追撃のパンチ連打でTKO勝ち。

2019年12月31日、RIZIN.20のライト級トーナメント準決勝でジョニー・ケースと対戦し、1Rに左フックで倒してからコーナーでのパウンドでTKO勝利。続く決勝戦のパトリッキー・フレイレとの試合では、3Rを通じて攻守が激しく入れ替わるハイレベルな熱戦の末、ムサエフが3-0の判定で勝利を収め、トーナメント優勝を果たした[3]。この試合は母国アゼルバイジャンの国営放送で生中継され、ムサエフは凱旋帰国すると空港で多くの報道陣、ファンに囲まれるなど国民的英雄として熱烈な祝福を受けた[4]。

榊原信行のプロフィール

来歴
1987年に愛知大学を卒業し、東海テレビ放送の子会社でイベント事業を行う東海テレビ事業株式会社へ入社。東海テレビ事業では「美浜海遊祭」を立ち上げ、「K-1名古屋大会」、「UWFインターナショナル名古屋大会」などをプロデュース・主催する。これがきっかけとなり、高田延彦と知り合い、ヒクソン・グレイシー戦の実現に奔走。1997年10月、格闘技イベントとしては初の東京ドームでの大会となる「PRIDE.1」開催に携わる。

2003年、DSEの代表取締役社長であった森下直人氏の死去を受け、DSEの代表取締役に就任。「PRIDE GRANDPRIX」、「PRIDE男祭り」などのヒット興行を立て続けに放ち、一大ムーブメントを起こす。

2004年には映像事業を行うドリームステージピクチャーズを設立し、社長を兼務。同社の映画製作にも、製作総指揮として直接関わり、カーリングを題材にした映画「シムソンズ」を手がける。また、この年、プロレスイベント「ハッスル」を立ち上げる。 2006年10月、アメリカネバダ州ラスベガスで「PRIDE.32 “THE REAL DEAL”」を開催。日本の企業としては初主催となるラスベガスでの格闘技イベントを成功させた。

2007年3月27日、UFCを主催するズッファのオーナーであるロレンゾ・フェティータにPRIDEの経営権を売却[1]。

2007年12月19日には、新たに設立した株式会社沖縄ドリームファクトリーを通じて、日本フットボールリーグ(JFL)所属の沖縄のプロサッカークラブ、「FC琉球」の運営に参画。また、榊原のサッカーや沖縄に対する理念に理解・共感した元サッカー日本代表監督のフィリップ・トルシエが、FC琉球の総監督に就任し、2008年より共にJリーグを目指すこととなった[2]。

2009年12月、FC琉球の営業権が株式会社沖縄ドリームファクトリーに移管、球団代表に就任。

2009年から2013年までJFL(日本フットボールリーグ)の理事として参加し、JFLの発展に貢献した。

2014年シーズンからのJ3リーグ設立に伴い、2013年9月1日、FC琉球の運営を株式会社沖縄ドリームファクトリーから、サッカー事業に特化した琉球フットボールクラブ株式会社に移管させ、球団代表を退く。その後、2013年9月17日、FC琉球が悲願のJリーグ準加盟承認。沖縄初のJリーグクラブ創設の礎を築いた。

2015年10月に格闘技イベント「RIZIN」を立ち上げ、実行委員長に就任[3][4]。

株式会社うぼんにてGACKTや市川海老蔵といったアーティストのコンサート、舞台のイベント企画やテレビ番組の企画等に携わり、プロデューサーとしての手腕を発揮している。

関係者の反応

 

[blogcard url=”https://note.com/a_ok_i/n/n3432bd14a6d0″]
アフィリエイトで稼ぎたい方必見

おすすめの記事